美白を本気で極めたいと思った場合には、美白コスメにお金をかけるのはもちろんです。そのうえ、体の内側からのインナーケアにも力を入れたいものです。最近では、美白の成分をしっかりと凝縮されている、美白サプリも続々登場してきています。美白サプリに多く配合されている成分の一つに、ビタミンCがあります。ビタミンCには、ターンオーバーの促進やメラニン生成を抑制するという働きがあります。また、ビタミンEも含まれていて、高い抗酸化作用をもっています。そのほかには、β-カロテンも含まれています。β-カロテンには、活性酸素を抑える抗酸化作用があります。また、ビタミンB2や亜鉛も含まれていて、これらには、皮膚の新陳代謝を高めてくれる働きがあります。また、リコピンも含まれていて、リコピンには、 活性酸素を消去して、チロシナーゼの活性を弱める効果があるのです。このように、美白サプリには、美白としてはおなじみのビタミンCをはじめとして、いろいろなものが含まれているのです。そんな美白サプリにも副作用があります。一番多いのは、白髪が増えるということです。実際に、このような美白のサプリを飲み始めてから、白髪が増えてしまったという方は多くおられるのです。美白サプリには、L-システインが含まれている場合も多くあります。L-システインには、実際に副作用として、白髪が増えるということはよくあるようです。体毛が薄くなるというような副作用が出る人もいます。